海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2011年05月16日

ミッシング・スリー〜中年南海漂流記<1>

story by 逢谷 人

「十五少年漂流記」、「無人島の三少年」、
「ロビンソン・クルーソー」に「ガリバー旅行記」。

子供のころ、私はこれらの海洋冒険譚に目がなく、
何度も何度も表紙が擦り切れるほど、
繰り返し読んだものです。

今では世界中どこを探しても、
人間の足跡が見当たらない場所などありません。
「やっべ、遭難しちまったよ」と焦って振り返ると、
すぐ後ろに自販機があったりして。
まったく、冒険には不便な世の中になったものです。

今や押しも押されぬおっさんとなった私は、
それでも少年の頃のわくわく感が忘れられずに、
都会のネオンの中を漂流しながら、
遠い南の無人島に心だけ旅をさせたりするのです。

この話は、数年前に思いつきで別のブログで書き始め、
途中で投げ出してフェイド・アウトしてしまったものが元になっています。
私小説を思わせる設定が(本当は違うのですが…)、
荒唐無稽なシチュエーションの中に放り込まれ、
何が出てくるかは、作者も想像できません。

不定期で連載いたしますので、
時々のぞいてみてください。

(注:もちろん劇中の登場人物・団体などはすべて架空のものです。)




ミッシング・スリー〜中年南海漂流記

1.旅立ちの朝



――ガシッ!!
「い、痛てててててててっと!」
久しぶりに博多に出張する日の朝のこと。
溜まりきった膀胱に起こされベッドから這い出たオレは、よろけた拍子にトイレの扉の建具に右足の小指をシコタマ叩きつけていた。
「あ痛〜つ。つうつうつう」
トントントントン…。
廊下でケンケンをしながら激しい痛みが去るのを待っていると、大学生の息子が、寝癖のくしゃくしゃ頭を掻きムシりながらフラフラとやってきた。「朝からつうつうトントンうっせえな…。石蹴りなら外でやれよ」
「おい、なにが悲しくて朝っぱらから便所の前でそんなクラシックな遊びしなくちゃいけねえんだよ!おまけに石もねえし。つうつつつ」
「あそ。ちょいと失礼」愚息は、片足立ちのオレをいとも簡単に押しのけると、個室に入りガチャリと鍵をかけ、中から一言付け足した。「悪いな。“大”だから…」
「おいコラ!父さんが先だろ!」オレは自分の権威がとっくの昔に失墜していることを、トイレの扉の前で再確認する。「こら!早よきばれ!トイレで携帯を眺めてんじゃねえ!」

暫く待たされたトイレの窓から見上げる初夏の空は妙に美しかったが、足元に目線を落としてよく見れば小指の爪が剥がれかけ血が滲んでいるではないか。
ついてねえ、まったくついてねえぞ。
「おーい、あれどこにある?」救急箱を探しに一階に下り、やっと思い出す。
そうだ、昨晩カミさんは確かゴルフに行くと言ってたような気がするな。
どうりで家中静かなわけだ。
「…8時15分か」
主婦たちのゴルフパーティーはとっくに関越道に走っているに違いない。「ふう…」
傷口の手当てを済ませると、バンドエイドと消毒薬一式を念のためバッグに放り込む。
一泊出張の準備などお手の物だが、「行ってらっしゃい」ぐらい誰かに言ってもらいたかったなあ。
珍しくそんな思いが脳裏を過ぎったのは、オレにも虫の知らせという動物としての勘が多少残っていたからなのかもしれない。
人心地つきコーヒーをすすっているうちに、息子もとっとと大学へ出かけてしまったようだ。
見送る人影もない玄関を振り返り、「行ってきます…」を景気づけに小さくつぶやくオレ。
そこには留守番を任せるには余りにも心もとない“ものども”が、小首を傾げて座っている。
オレの呼びかけに応え、「わん」と飼い犬の“ネルソン・ヨシムラ”が寂しそうに吼え、「ニャー」と飼い猫の“ノグチ”がお愛想の挨拶をした。

――東京駅の東海道新幹線中央口。
旅行客、通勤客や、仕事はともかく遠出する気だけは満々のサラリーマン達でごった返す、沈みかけた日本経済の縮図のようなカオス空間。
「人が多すぎだっつの…」煮すぎてクタクタになった寄せ鍋を思い出し、なんだかムカムカして、バチ当たりな雑言を思わず口走る。「こんな国、とっとと雑炊になっちまえ」
スポーツ新聞を数紙買い求め約束の喫煙スペースに着くと、旅連れはもうそこで狼煙を上げていた。
「ういっす」連れの一人ダンボが、朝から張りのある声で挨拶をした。「(調子は)どげですか?」
とことん愛想のいい笑顔のこの男は、こう見えてもスイム・ミュージックのCOO。
バリバリの一流音楽業界人なのだ。
それにしても、ダンボと言う呼び名の由来はなんだったっけ。
少なくとも、ディズニーキャラにそっくりとかのひねりのない理由ではなかったはずだ。
プロレスラーの「ボンダ鶴橋」に似てるということで付いたニックネームが、「まいう」同様、業界独特の逆さ言葉で「ダンボ」に変化したものなのか?
それとも元々のあだ名だった「ダンボ」が「ボンダ」になりさらに逆転して元に戻ったのか?
「ういっす。朝から散々で…」と挨拶返しをしたものの、五十ヅラ下げたおっさん同士が会うなり中坊並みの物言いでいいものだろうかと自虐っていると、もう一人の旅仲間であるフチフチが更に簡略化した挨拶を投げてくる。「…っす」
フチフチとは渕岡の呼称。それにしても“す”のたった一音に挨拶の気持ちを託せる民族が地球上他に存在するだろうか?
「…っす」オレも“す”の前の小さな“っ”の発音に注意して応える。
「わっち、∞△**@×$&、どう∞☆すか?」
オレと同じ年のこのザンバラヘアーのおっさんは、口を正確に開けてしゃべることをとっくの昔に放棄しちまったのだろう。
さすがに “わっち”がオレの苗字をデフォルメした“渡部っち”を意味しているぐらいは判るが、ほかは飼い犬と会話する以上に超難解だ。
“わっち”にしたところで、凡人には“ウェッチ”にしか聞こえまい。
まるでウルトラマンの掛け声かユーゴスラビアのサッカー選手名のようではないか。
「例によって何言ってんだか判らないんで山勘で答えますが、“朝飯は食ってきましたから大丈夫です”」オレはこのおっさん語の解読では第一人者を自負している。
「あ、そっすか」
ピンポーン、オレの翻訳は正しかったようだ。

さて、今日この3人が博多に向かうことになったのは、ダンボの誘いによるもの。
彼の地で行われるオーディションの審査を手伝って欲しいと、オレとフチフチに依頼してくれたのだ。
ダンボは後輩ではあるが、今や会社の屋台骨を背負うエリート。
オレとフチフチはと言えば、退職金の上積みに目が眩んで早々とトンズラした、否!!、させられた早期退職組。
しかし、ダンボの先輩への優しい気配りもあり、辞めた後も仕事を含め繋がりは変わらない。

「フチフチにはさっき相談したんすけど」ダンボが言った。「新幹線てのも、マジかったるいんで…」
この時オレは嫌な予感が背筋をザザっと這い上がったのを覚えている。「なに?」
「飛んで行きません?」ダンボは喫煙所の天井を指差して、嬉しそうに言った。「新幹線代もったいないし」
「あの、まったく意味わかんないんだけど…」
「会長の自家用ヘリが、これから会長を迎えに博多に向かうんすよ。空(カラ)で飛ぶくらいなら誰か乗って行け!てなことになりましてね。われわれが経費節減の気休めになろうってわけですよ。へへへ」
「へへへ、じゃなくて」オレは焦っていた。「言ったでしょ。オレ飛行機嫌いだって。だからここで待ち合わせてんじゃん」
「飛行機じゃないすってば。ヘリコプターっすよ」
「わっちも、…ったく@×$&△□だなあ。大丈夫、大@×$&ぶー!!」
今考えれば、オレは最後まで信条を貫き通すべきだったのだ。
「まったく、もう…」しかし、オレは不覚にも安請合いしてしまった。「今度だけだよ…」



冒険は続く…
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 08:58| Comment(0) | 海洋冒険小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。