海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年06月28日

潮騒のカセット(邦楽編)<1>

story by 逢谷 人



「書き出しの1行目さえビシッと決まってしまえば、あとはなんとか書けちゃうもんなんですよ。それを捕まえるまでは、ボクも結構苦しみますね」
朝の情報バラエティ番組で、“ぬらりひょん”みたいな顔をした流行作家が鼠男のような司会者に語っている。
ほほう、そんなもんかね。
そういやあ、アルバムも勝負カセットも1曲目が大事。それが気にいらないと、続きを聴く気にならんもんな。
文学青年だったオレは、あまりにも有名なノーベル賞作家川端康成先生の「雪国」の冒頭をすぐに思い出していた。
『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。』
なるほど、なるほど…。ぬらりひょんの言う通りだ。
一文ずつ取り上げれば、小学生でも書けるような短文だ。
でもそれが3つ並ぶと、一気に雪国の夜に気持ちがスーっと持っていかれるじゃねえか。
たいしたもんだなあ…。日本中の座布団を上げても足りないくらいだ。
でも待てよ、3つ目の“信号所に汽車が止まった”はどうなんだよ。
そらぁ止まるだろうよ!と、感動しながらも思いきり突っ込みを入れたくなるぜ。
たまげたなあ、“朝起きて顔を洗った”と、国語的にはなんらレベルが変わらないじゃねえか。
日本中のガキどもの絵日記帳にだって、もっと気の利いた文章が溢れているだろうよ。
おっと待てよ!
おれ様レベルならば、たとえ“朝起きて顔を洗った”を3文目に置いたとしても、その前の二文を工夫することによって、純文学に接近出来るかもしれないではないか!
よし、やってみるとしよう。
名づけて「純文学書き出しゴッコ」!!
オレはすぐに、新聞の折り込み広告を見つけ余白に執筆を開始していた。
『遊びすぎた長い夏休みが終わると始業式の日だった。宿題のドリルが白いままだった。朝起きて顔を洗った。』
ぎゃはははははは。いい!メチャいい!
夏休みの終わりをここまで描ききるとは、オレの才能も深すぎて底が知れんなあ。
“朝起きて顔を洗った”に漂う、見事な落ちこぼれ小学生の「厭世観」!
せめて顔ぐらい洗ってみるか…みたいな、心の奥のほろ苦い贖罪の気持ちまで引き出しているぞ!
こりゃーもう、夏の日の青い刹那主義をテーマにした完璧な純文学っしょ。
タイトルは、「灼熱の宴のあとに」ってのはどうだ!「蝉の抜け殻」ってのも悪くないな。

「朝っぱらから、テレビ観ながら馬鹿笑いしてんじゃないわよ!」
妻の薫(かおる)が首筋をポリポリと掻きながら起きてきた。
オレがソンポに入社したての頃、友人仕切りの合コンで知り合った同じ年の恋女房なのだが、気がつけばコイツだけ年々加速度的に逞しくなっている。肉体的にも、精神的にも。
「薫、いいからこれを読んでみろ。オレの処女小説の冒頭部分だ」オレは原稿用紙がわりのスーパーのチラシを妻に押し付ける。「どうだ。見事な純文学だろ?」
「あら、忘れてた。今日は、第1日曜日だから冷凍食品が全部半額だったわね!」薫の目はチラシの別の箇所に釘付けになる。「あとで大量に仕込みに行くから、ついてらっしゃい!」
「は、はは〜」
オレの傑作小説の書き出しはあえなく薫の懐に納まり、二度と日の目を見ることはなかった。

冷凍餃子だの冷凍筑前煮だのが並ぶその晩の夕餉の最中、オレは先日居酒屋で部下どもに語り上げてはっきりと記憶が蘇った「夏の勝負テープ」のエピソードを、妻と愚息に再び話していた。
「…というわけでさあ、薫。お前の今の幸せは、突然乱入した鳥羽一郎先生のお陰といえるかもしれないんだぜ」
「まったく、どんだけ上から目線なんだか…」薫が呆れ顔で言った。「運がよかったのはあんたの方よ!セクシャルなんとかなんていう下心ミエミエの西洋音楽で落とそうなんて、アホ丸出しね。“兄弟舟”でグラっとくるような女じゃなきゃ」
「マ、マジか?お前はグラッとくるのか?」
「あんたの洋物至上主義を木っ端微塵にしたのは、このあたしよ!」薫が餃子を噛み千切って胸を張った。「日本人には日本人の心を伝える“詩”が必要だわ」
「そうだったな…。お前は、出逢った頃レコード会社で邦楽の宣伝の仕事をしていたんだっけ」
「へえ、お母さん芸能界詳しいんだ」大学3年になる我が家の愚息、哲哉がその話題に食いついてきた。「あの世界じゃさあ“シーメ食いにいこう”、とか言うんだろ?」
「まあね…。喜んで使ってんのは、若い子だけね。ベテランは“メーシー食いにいこう”かな」
「もう一回引っくり返すの?」哲哉が無邪気に言った。「戻っちゃったじゃん」
「そんなことは、どうでもいいけど…」薫はセガレの興味を聞き流して、オレをジロっと横目で睨んだ。「あんたの洋物カブレもいい加減おやめ!どうせ田舎もんなんだから」
「い、田舎もん言うな…。な、泣くぞ」オレは表では強気だが、薫には常に下手に出てしまう。天敵ってヤツに近い。「世田谷生まれだからって、威張るなよ…」
「フン。田舎育ちをカバーするために、わかったフリして横文字音楽ばっかり聴いてたんでしょうね、枕崎あたりでは…」
「お母さん。言いすぎだよ、親父泣いてるぜ」
「英語もわからないくせにねえ」外語大出身の薫は、おかまいなしに畳み掛ける。「知ってる?当時、洋楽のマニアックなジャンルって、田舎の方がはるかに売れたのよ」
「マジで?」哲哉が母の尻馬に乗り、合いの手を入れ始めた。「判る気がするなあ。コンプレックスのはけ口ってことか」
「都会で洋楽のCD買ってた人も、どうせみんな西洋カブレの地方出身者ね」
「やっぱり。栃木とか群馬とかって、今でもパンク・ロックが超盛んなんだよね」哲哉がさらに乗ってきた。「皮パンて、あの辺りでしか売れねえらしい。全国シェア9割」
「そうなのよ。当時レコード会社のスタッフも、都会出身は邦楽、田舎の人は洋楽を志望することが多かったなあ…」
「なんとでも言え!もう、どうでもいいわい!」

オレは必要以上に守勢に回りすぎたと感じ、ビールを一気にあおりサッと話題を変えた。
「来週の日曜日、会社の後輩を家に呼んでいいかな…?たまには、コミュニケーションをとらないと」
「新橋の居酒屋で毎日とってるでしょうに」薫は何でもお見通し顔で言った。「後輩って例の?」
「ああ、総務部総務課の“3K”。桂田、小松、熊井」
「若ハゲの子って誰だっけ?いつも間違えて、カツラダクンて呼んじゃうから注意しないと。キャハハ」
「お前、絶対確信犯だろう」
「で、今回は3人揃って招くなんて、何か目的でも?」
「ヤツら、典型的なアラフォー世代だろ。Jポップの洗礼を受けまくった野郎どもだ」
「だからなに?」
「オレは、45歳。彼らより大人のMID40世代だ。邦楽しか聴かないお前をドライブに誘って口説いた時の、想い出の“勝負カセット”の話を聴きたいんだとさ」
「あんたが能書きを聞いて欲しくて、わざわざ呼んだだけじゃない」
薫は本当に何でもお見通しだった。


続く…
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 22:18| Comment(0) | 匿名係長・三谷拓哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。