海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年05月28日

潮騒のカセット(洋楽編)<1>

story by 逢谷 人

<1>

「お前ら、90分テープを知っとるか?」
オレは、シシャモのアツアツ焼死体を大根オロシの雪山に転がしながら、目の前でレモンサワーを飲む部下どもに、ほとんど怒鳴り声で訊ねた。
「はあ?なんですって?」桂田がわざとらしく首を傾げて訊き返す。質問が唐突に感じたのだろう。
金曜日の居酒屋「権太」は、新橋界隈のサラリーマンを不満が多い順にオーディションで厳選したんじゃないかと思いたくなるような客層だ。
一週間分の愚痴と能書きの嵐が吹き荒れ、まだ7時だと言うのに叫び合わないと会話にならない。
「はいはい、知ってますよ。よくダビングしたもんです、エ・ロ・ビ・デ・オ…」風俗が三度のメシよりも好きな熊井が、いやらしい顔で答えた。「係長、たくさんありますから、今度お貸ししますよ。イヒャ、ヒャヒャ」
「バカ者。VHSじゃねえ!カセットだよ、オーディオ・カセット!」オレは、ロマンを一切感じない返答に腹が立っていた。「お前らは、90分テープに秘められた人生のドラマを何もわかっていない」
「秘められた系なら、やはりAVかと…」
「まだ言うか」
「係長、お言葉ですが、カセットテープで音楽聴くヤツなんて、もう東南アジアにもいませんよ」小松がネクタイの後ろから引っ張り出したi−podを、ブラブラと見せびらかしながら言った。「みんなこれですよ、これ」
「そんなもん、知っとるわい!人をネアンデルタール人あつかいしやがって」
オレはこう見えても、新しいメカにはウルサイほうなのだ。
「なんだ。ご存知でしたか」
「だから、知ってるつの。便利なのは理解る。でも、いくらでも入るからって、何も考えずに片っ端からそんなもんに音楽を詰め込んでるから、一曲一曲のありがたみが判らなくなるんだ」
オレは、自分が頑固オヤジのような物言いになっているのに気付いていたが、切り替わってしまった説教モードはもう変更できない。「いいか、聞け…」
「係長、もしかして話長くなりそうですか?」
桂田はオレが盛り上がって話を始めると、決まって腰を折るようにこう訊く。
「なんだ?終電までは、ウンザリするほど時間があるぞ。小便ならとっとと行ってこい。ウンコは禁止する」
「は、はい」桂田は、携帯をひっ掴んでトイレに向かった。
「かみさんに電話か?…ったく、だらしねえなあ」オレは部下の心理が手に取るように判る。「桂田は放っといて、話を始めるぞ」
熊井と小松が渋々頷いた。
「お前らは、オレより8期下だったよな?オレが45歳だから、37歳ってわけだ」
「38歳です。ワタクシ一浪しておりまして」熊井が言った。「アラフォーです。一応」
「アラフォーねえ…。妙な言葉が流行るもんだぜ。アホーがビックリしたみてえだ」
「係長、つまんないんですけど」
「うるせえ。これから面白くなるんだよ。ところで、2人ともよかったな。質はともかく、運良くカミさんにありついて」オレは、部下の中堅漫才コンビのようなルックスを見て言った。「アラフォーは、結婚できないヤツが多いらしいじゃないか」
「あのぅ…、何の話ですか?90分テープとどういう関係が?」
「話には順序があるのさ。そして人には変えられない運命てえものがある」
オレの悪い癖なのだが、ピンポイントで本題に入れない。
というか、話しながら本題を見つけていくと言った方が正しい。
「例えばだ、えっと…小松。お前がもし小松家に生まれずに、桂田家に生まれていたとしたらどうなる?」
「はあ…」
「お前は、小松幸太郎ではなく、桂田幸太郎ってわけだ」オレは小松の若ハゲ頭を一瞥した。「な?そんな運命だったら困るだろ。将来ヅラをかぶりたくなっても、かぶれまい。そんな事になったら、オレだってお前の苗字を呼びにくくなるからな。ってことは、友人もうんと減ることだろう。苗字を呼び捨てにするたびに、気まずくなっちゃなあ…」
「係長、部下イジメはやめて下さい。モラル・ハラスメントで人事に訴えますよ」熊井がマジ顔を作って言った。「プっ!なんちゃって!ホントよかったじゃないか、小松!桂田じゃなくてさあ。碓井とか羽毛田とかでも、やばかったぜ!ギャハハハ!ちょー、おもっしれえ!」
「何をそんなに盛り上がってんすか?」トイレから戻ってきた桂田が言った。「アレ?どうした小松。なみだ目になってんぞ」
「オレはお前じゃなくて、ホントによかったよ」小松が友人の顔を見て、シミジミと言った。「運命、バンザイ…」
「はあ?」
「そうそう!小松いいこと言うじゃないか!」オレは小松のポジティブな反応を、ありがたく拝借していた。「オレが言いたかったのはそういうことだ。自分の運命も、そんなに捨てたモンじゃないぞってな」
「係長もそう思ってるんすか?三谷拓哉でよかったと…」
「ああ、幸せだよ。もしもオレが木村だったら、苗字まで“ヤツ”と一緒で、ついに区別がつかなくなっちまう」
「はいはい…」熊井が頭を掻き、先を促した。「90分テープの話をそろそろ」
「おう!そうだったな」オレはやっと本題に入る気になっていた。「自分の不幸ばかりを悲観するな。そうすれば幸せに1ミリでも近づける。自分をもう少し幸せにするのは、ほんのちょっとした努力ってことだ。いいか、あれはな…」
オレを熱い視線で見つめるアサヒビールのポスターのギャルにウインクを返し、ゆっくりとあの遠い夏の日にフォーカスを合わせていった。


続く…

しかし、飲み屋に貼ってあるビールのポスターって、
何でああなんでしょうね…(三谷の独り言)

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 09:00| Comment(0) | 匿名係長・三谷拓哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。