海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年05月02日

ルームメイト

Story by 角森隆浩



<1>

4ヶ月ほど部屋を空けてたスキに大家の野郎、業者を呼んで俺の家財道具を全部処分しちまいやがった。
今や俺の部屋はもぬけの殻でスッカラカンだ。
なんなんだコレは?俺の人権は一体どこにあるんだ?
そもそもこんな横暴でケシカラン話がこの世にあってイイと思うか?
俺は絶対に許せねえ。
ハードコアに生きるパンクスとして、激しい怒りをたぎらせている。
もう真夜中だけどかまやしねえよ、大家の野郎に電話して猛抗議してやる!

 「…もしもし大家さん?ごぶさたしております、宍戸です。あ、あの今帰って来て部屋に入ろうとしたんデスけど、どうも俺の荷物がなくなってるっぽいんすよ。挙げ句の果てに鍵が変えられてて部屋に入れないんですけど、俺どうしましょ?」

寝入りっぱなを起こされた大家は、さぞやご立腹のコトだろう。
しかし怒りの激しさでは、今の俺に勝る者はいないハズだ。
クサレ大家が四の五の言ってきたところで、すべて俺が論破してみせる。
だいたいこんな夜中にほっぽり出されて、俺に今夜どこで寝ろってんだよ!

「あーん?宍戸さん?アンタ今何時だと思ってんのよ!非常識も甚だしいじゃない!」

うえー、大家のババア、めっちゃ機嫌悪いみたいだ。
俺はちょっとたじろいだね。
しかしここで負ける訳にはイカナイよ。ガツンとキメてやんなきゃナラナイんだ。

「なんで俺をアパートからオン出すようなマネをするんだよ!俺がナニしたっていうんだよ。さっさと鍵を返しやがれクソババア!」

俺のシャウト一喝で大家のヤツ腰砕けになったんじゃない?
家賃収入でのほほんと暮らしてるようなヤツはみんなリスのように臆病者なのさ。
俺のアナーキーな恫喝でションベンでもチビってろ!

「なんだってえ〜このバカガキが!クソババアたあどういうコトだよ!アンタにはもう出てってもらうんだよ!いったい全体アンタは何ヶ月家賃を滞納してたと思ってんだい!さあ言ってごらんヨ!」

ううっ、大家のババア、狂ったように凄まじい怒りだぜ。
振り切ったヤバすぎるテンションに、こっちがタジタジだよ。

「ウ−ン、36ヶ月かな?」
「でアンタはここに越してきて何年になる?」
「えーと、丁度3年です。」
「そうだろ、そのとおりだよ!要するにアンタは引っ越して来てから一度たりとも家賃を払った事がナイんだよ!なあ、1回も払わなかったんだよ、このゴミ虫が!判ってんのかい?警察に訴えないだけでもありがたいと思いやがれ!」

大家のババアは悪霊に取り憑かれたイタコのように錯乱して俺を罵った。
マジかよ?そんなにボロクソ言わなくてもイイじゃん。
このままじゃ傷つきそうだから、俺は逆ギレするぞ!

「やかましいや、クサレババアが!そもそも家賃ってナンだよ?そんなの払って誰がハッピーになるんだよ?訳のワカラナイことをいってんじゃねえよ!この俺から金を取ろうなんて10年早えんだよ!」

俺は押さえきれず大家に毒づいてしまった。
ああ、しまった言っちゃった。俺の負けだ。
これで出て行かなきゃナラナクなったじゃねーか。

「キーッ!アタシャ頭にきすぎて吐きそうだよ!110番するよ、警察に突き出してやるよ!うわああ!!」
大家はマジで錯乱してしまった。なんなんだよ?
もっと大人同士冷静に話し合うってことができないモンかね。
まったくあきれた果てたババアだよ。

とはいえ、ついにアパートを追い出されてしまった。
急に北風がビュービュー身にしみてきた。
これから先、俺はいったいどうすればイイのだろう?取りあえず、誰か教えてくれ。

ダチの家に転がり込んで居候ってのは性にあわないんだよ。
気兼ねするのはキュークツだし、やっぱ『自分の部屋』っていう安心感が欲しいんだよな。
腐れバイトでコキ使われて苦悩したり、ライヴでデストロイした後はゆっくりくつろげる『我が家』が必要なんだ。
パンクスってのは兵士なんだ。ソルジャーなんだよ。そして戦士には休息が必要だ。特に俺のようなクリエイティヴなアーティストには、趣味のイイ隠れ家が必要だよ。
とにかく長いこと風呂無しアパートに住んでた訳だから、この次はちゃんとお風呂がある物件がイイな!

だが深刻な問題がひとつだけあった。それは俺にはまったく金がナイということだった。
恐る恐る財布の中をのぞいてみる。俺は目がつぶれるかと思った。
全財産は870円だった。

「敷金、礼金込みで600円くらいに抑えなきゃな….。」

とりあえず言葉に出して言ってはみたが、やはりとてつもなくミジメだった。
とにかくすげえムナシイヨ。とってもコドクだよ。
俺はなんだか急に人恋しいような気分になってきた。

「うーん、同棲したいな!」俺は夜空に向かって言ってみた。「やっぱ同棲しようか?こんな夜にはね!」

 一瞬にして心が晴れた。そうだよ同棲すればいいんだよ!
なんで今まで気がつかなかったんだろう?俺ってバカだな。つくづくハードコアだな。ちなみに俺は今年30歳なんだが彼女イナイ歴30年だ。
でもそんなの大した問題じゃナイ。
ホントに心から手と手を取り合って共に生きていける人が見つかりそうな気がしてきた。とにかく歩いて行こう。そうすれば運命の人が見つかるだろう。そしたら俺はその人を生涯大切にしてあげよう。
うおー、なんかヤタラ感動してきたぞ。すげえラッキーだよな『その人』って!
今夜俺と運命的な出会いをするんだもん。全く持ってツイてるよなあ『その人』! 



続く…



角森隆浩(ツノモリタカヒロ)
2005年、角森宅に泥酔した泊まり客が置き忘れて行ったウクレレを
ポロポロ弾く内に曲が出来始め、単身ライブハウスへの出演を始める。
2005年11月、1stソロ・ミニアルバム『角森隆浩vol.1』を、
2006年3月に『角森隆浩vol.2』をリリース。
2006年、角森が所属するバンド『ninotrinca』のスタッフだった
ともみ、舞、のんこが「キレイなムームー着てハワイアンの真似をやりたい」
という下らない動機で『ダイナミックオーシャンズ』を結成する。
既にウクレレ弾きだった角森に白羽の矢を立て招聘、
『角森隆浩&ダイナミックオーシャンズ』がスタートする。
2006、2007年、精力的にライブ活動を行う。
どこに行っても、誰と演っても、唖然とされた。
小西昭次郎(元”BL.WALTZ” ドラマー)のプロデュースにより、
オーシャンズ初アルバム「VIVA! DYNAMIC」を制作、2008年8月27日にリリース。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 21:50| Comment(1) | 角森隆浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい期待通りの内容です
読ませる文章(説明ぽくないのにイメージできる)無駄のない展開

が落ちは「作者にげたか…」とおもったり

また読みたいです!
Posted by すばらしい at 2009年07月13日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。