海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年03月30日

学校教育

story by 奥山六九


文部科学省庁舎

<1>

「神田さん……かんださーん」
冷蔵庫の中味を思い出しつつ夕飯の献立をぼんやり考えてたので、係長がわたしを呼んでいることにしばらく気づかなかった。
「あ、はい。」
もうあと10分で退局時間だというのに、何ごとかしら?

慌てて係長デスクに向かうと、若手女子職員たちの間で「ハゲネズミ」と呼ばれる要因であろうその貧相な顔に愛想笑いを浮かべて、大塚係長は一枚の紙を差し出しながら、
「君ね、ちょっと急で申し訳ないんだけど、来月から例の『教唱委』に参加してもらいたいんだわ。」
「きょーしょーい?」
「『教育唱歌制定委員会』だよ。一応兼務だけど、しばらくは何かと時間もとられると思うから、業務のほうちょっと調整してもらって……」

紙は辞令だった。
「神田春美 右の者、平成三十年十月一日を以て 教育唱歌制定委員会事務局担当を命ず」
やだ、もう1週間しかないじゃん。

わたしの顔に不満の色を察したのか、係長はわざとらしい陽気さで、
「急に欠員が出ちゃったらしいんだよ。親が入院したとかで軽い仕事に異動希望ってことでね。いやいや、そんなにたいへんな業務でもないと思うよ。それに、国民にも注目されている大きな仕事だからね。できる人間をって言われて、ウチじゃやっぱりきみしかいないじゃなーい。」
見え透いたお世辞とともに立ち上がり、激励の所作と見せてわたしの背中に触ろうとするのを、さっとかわし、
「わかりました。」
極力感情を込めずにそう言うと、行き場のなくなった手をひらひら振ってるハゲネズミに背を向け、わたしはさっさと席に戻った。

目新しい仕事につけることはうれしい。
だけど、今のメルマガ編集の業務をある程度引き継ぐんだったら、間違いなく来週はしっちゃかめっちゃかだわ。あーあ。
でも今日はもういいや。帰ろ。

オレンジ色の鱗雲をバックにそびえ立つ文部科学省の庁舎を後にして、わたしは虎ノ門の駅に向かった。

スーパーに寄ってからウチに帰り着くと、一人息子の寛(ひろし)はもう帰っていた。
「ただいまー。おなかへったでしょ?すぐ作るねー。」
目下、大学一年生の息子と二人暮し。夫とは5年前に別れた。
文部科学省初等中等教育局の職員をしている。
文科省で発行しているメールマガジンのひとつ「教育ニュース」の編集が主な仕事。
でも正直言って仕事は息子を養うため。若い頃は意欲もあったけど、息子が生まれてから、特に離婚してからは、息子第一になった。
息子にはなるべく手料理を食べさせたい、と残業は極力避けるようにしている。

だけど、来週は引継ぎと準備で、その後は委員会事務局の仕事で、おそらく定時には上がれない日々が続くのだろう。
「学校はどうなの?」
「うん。問題ない。」
この年頃の男の子はみんな無口なんだろうか?小さい頃はよくしゃべったのに、今はこちらから話しかけないと何も話そうとしない。自分の部屋でパソコン触ってるか、音楽聴いているか。リビングにいるときはだいたい携帯電話の画面を見ている。
だから、大学生活もどんなふうに送っているのか、よく判らない。
「民族音楽研究会」なんていうサークルに入ってるらしいが、別にマジメに民族音楽を研究するわけではなく、J-Popも含めていろんな音楽を聴いて、情報を交換して、フリーペーパーを作って校内で配ったりしているらしい。
それなりに楽しくはやっているようだ。

<2>

「今日もちょっと遅くなるから、これゴハン代。定食に納豆つけるとかちゃんとバランスよく食べないとダメよ。」
「わかってるよ。」

大学は学食が夜もやってるから、別に母が遅くても全然困らない。なのに母はオレに夕食を作れない時、何度も「ゴメンねー」と謝る。母一人子一人だから気にかけずにいられないのは解るけど、正直もう少し放っておいてほしいよ。

午後、サークル室に顔を出すと、上野が一人でステレオを聴いていた。
夕方以降は先輩達がぞろぞろ来るから、オレ達一年坊主の自由にはならない。だから早目に来て、好きな音楽を聴く。
「何これ?」
「おー、神田か。これ、“相対性理論”。知らない?今ブレイク中の新人バンドだよ。」
と言いつつ、ボリュームを上げる。

サークル室はそれなりに防音されているから、大音量で聴けるのが魅力だ。
それにたとえ、音が漏れたって周りはみんな学生だ。誰も気にしない。
家では絶対ムリだから、オレがこの「民族音楽研究会」に入った大きな理由はここにある。
大音量で好きな音楽を聴くのは最高に楽しい。
ヘッドフォンでも音は大きくできるが、スピーカーから出る低音の深みがない。低音はズシンと身体で感じたいんだ。

「相対性理論?それがバンド名?」
上野はCDケースを寄越した。
「1曲目の『テレ東』って、テレビ東京のこと?」
「たぶんね。でも、意味よりも語感でしょ。」
脱力系の、でもキュートな女性ボーカルが、一風変わった詞を唄う。知的でひねくれてて、でもポップで憶えやすい。
近頃売れるものと言えば、軽めのヒップホップかダンス系の女性ボーカル、同じような音楽ばかり。レコード会社は今売れそうなものしか出さないから、そうなる。だからオレ達はインディーズを探す。



「いいじゃん。」
「だろ?先輩もいいって言ってくれて、今度オレが『POPS』に記事書けることになったわ。」

『POPS』とはこの民音研で月1回発行しているフリーペーパーで、正しくは『TOKYO POPS』。
学生のサークル活動とは言えもう20年も続いていて、発行部数は10,000部。学内の食堂、カフェ、生協などで1週間もしないうちに捌けるし、地元の商店を中心にちゃんと広告も入る。
このフリーペーパーの発行が、サークル活動の中心だから、みんなそれなりに真剣だ。
オレ達1年生は印刷屋とのやりとりだったり、写真なんかの素材の調達、広告営業の手伝いなど、雑用ばかりでなかなか記事は書かせてもらえない。

上野は上機嫌だったし、オレはうらやましかった。


続く…

  

  


奥山六九(オクヤマ・ロッキュー)
某、元音楽制作ディレクターのペン・ネーム。
昔から文章を書くのは好きだが、
高校3年のとき、何かの懸賞小説に応募し、
原稿を郵送したあとに、「淋しい」の「淋」という漢字を
すべて「彬」と書き間違えていたことに気づき、落ち込む(当時は手書き)。
小説を書くのはそれ以来である。
某おやじバンドのドラマーとしても活動中。

【奥山六九の最新記事】
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 18:35| Comment(0) | 奥山六九 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。