海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年03月12日

匿名係長・三谷拓哉 “ナオミの夢”

(注)このライト・ノベルは、藤岡藤巻の藤岡孝章氏のプロットにインスパイアーされて書かれたものです。
  だからと言って、小説内の人物のキャラを氏とダブらせて読んではいけません。(事務局)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は三谷拓哉。
都内の損保会社に勤める非凡なサラリーマンだ。

人は私を「匿名係長・三谷」と呼ぶ。
特命の間違いだろうと、突っ込みたい気持ちはよくわかる。

でも、これでいいのだ。
視聴者を代表してNHKに苦情を匿名で送りつけるのが、
私のひそかな楽しみなのだから。


story by 逢谷 人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


#1

あなたは、横断歩道に立っている。
目の前の信号が、赤を表示しているとしよう。
あなたは間違いなくそこで立ち止まったまま、信号が青に変わるのを待つだろう。
たとえ1台も車が通っていないとしてもだ。
ああ、ヤダヤダ。
そんな行動を、あたりまえのように何の疑問も持たずにひたすら繰り返すってのは、おかしいと思わないか?
あなたが見ている赤信号は、ただの発光ダイオードの光の集積に過ぎない。
そんなものを絶対だと信じ、自分で判断せずに立ち止まってしまうから、つまらない人生になるのさ。
犬やネコは、決してそんなものに縛られたりはしない。
自分達が作ったルールや先入観に拘束され、意味なく行動を制限しているのは人間だけ。
そもそもその人間こそが、曖昧で一筋縄では捉えられないモノの筆頭格じゃないか。
だから、あえて規則的に判断することで、選択肢を減らし行動に余計な迷いをなくそうと勤めているのだろう。
愚かな人は、周囲の人間の表情だとか言動でさえ、あたかも信号機を眺めるように鵜呑みに信じようとする。
善だとか悪だとか、愛だの憎しみだのと、人の心まで〇×のステレオタイプにしか判断できない人間がいかに多いことか。
キライなんだけどやっぱり好きとか、好きだからキライなフリをするとか、憎いんだけど離れられないとか、そんな複雑な心模様があることを、みんなもっと知るべきだ。
まあわたしクラスになれば、人の態度の裏に隠された真実を見抜く力があるので、決して本質を見失いはしないがね。
それではこれから、常識というルールに縛られ本当の気持ちを隠したままわたしの元を泣く泣く去っていった、かわいそうな女の子の話をするとしよう。

あれは昨年の5月の最初の月曜日のこと。
研修期間を終えて新入社員がオフィスに配属されてきた。
私のいる総務部総務課には、女子新入社員が二人。
痩せて神経質そうな早苗と、ちょっとぽっちゃりしてはいるがまあ可愛くなくもないナオミという子だ。
毎年のことだから特別な感慨などもうないが、やはりフレッシュなスタッフがやってくると職場にパッと花が咲いたような気分になるものだ。
「三谷クン、ちょっと」
会議室から赤ら顔を出し、課長がわたしを手招きで呼ぶ。
そこには早苗とナオミが緊張した面持ちで座っていた。
「チミにこの二人の教育係をお願いしたいんだよ。総務の仕事の何たるかを叩き込んでやってくれ」
伝統ある総務部総務課の仕事を彼らに教えられるのは、たしかにわたしをおいて他にはいまい。
「は、はい。承知いたしました」わたしは誇りを持って、そう答えていた。

その日の昼前に、営業企画部のコピー機の紙詰まりを修理して真っ黒になった手を洗おうと、入りかけた給湯室で、女子社員たちの雑談話が聞こえた。
「三谷係長、今年もまた新入社員の世話役をやらされるらしいわよ」
「お気の毒に。新人の女の子のアシスタントなんて、男のする仕事じゃないわよね」
「まあ、他に出来る事もないし…。適役なのかもね」
まったくオンナの嫉妬というのは怖いものだ。
彼女たちは、人気者のわたしを新人にとられてしまうと心配するあまり、あんな偽りを言って慰めあっているわけだ。
「やあやあ。失礼するよ」少し間合いを取ってから、わたしはゾンビの真似をして給湯室に入った。「手がまっ黒けになっちゃって。ママレモンじゃないとおちないよ」
「ひ〜っ!し、しつれいします」
何かいけないものでも見てしまったような顔をして、二人の女子社員が給湯室を飛び出て行った。
道化を演じるわたしから発せられる“働く男の強烈なフェロモン”が、彼女たちに反射的な行動をさせてしまったようだ。サボっていた事に対する後ろめたさを無言で伝えた、わたしの仕事人としてのオーラ。
どうやらわたしクラスになると、言葉を使わなくても社内中のヤル気を喚起してしまうようだ。
まったく、時々自分がこわくなる。

「三谷係長さん。に、2番に内線はいってます」
新人のナオミが、こわごわわたしに電話を取り次いだ。
「ナオミちゃん、係長に“さん”はつけなくていいからね」
わたしに対する憧れと尊敬の念がそうさせていることはわかっていたが、教育はしてやらねば。「わかったね」
ナオミが、下を向いて唇を噛んだ。
これは、“好意を持っている人に注意された時”に若い女性がみせる、“痛痒い”ような感情の表現方法と見て間違いあるまい。
「はい、もしもし。総務課三谷です」ナオミの分析はひとまず後回しにして、わたしはきびきびと電話に応対する。
「もしもし、企画部の白鳥だけど」
内線は、同期入社の企画課長からだった。
ヤツは同期の中でわたしと双璧の切れ者で、一番早く課長になり、次の異動では早くも次長のポストの噂がある。
さすがのわたしも一目置かざるを得ない存在にまで成長しているようだ。
「へい。なんでございましょう。なんなりとお申し付け下さい」
しまった、すこしへりくだった物言いをしてしまったじゃないか。
「あのさあ、4階の大会議室なんだけど。一番奥の蛍光灯がチカチカ点滅しちゃってるよ。蒲田のキャバクラの看板じゃないんだから!大至急直して!」
「はい!すぐに、すぐにまいりますぅ〜!」
白鳥のヤツめ、ちょっと偉くなったけど、同期の宿命のライバルであるわたしと話す時は、わざわざ友達のようなタメ口をつかってくれる。ホントにいいヤツだ。
「ナオミちゃん、蛍光灯2本持ってついていらっしゃい。わたしが脚立をかつぐから」
「は、はい…」
ナオミの顔には、あきらかに憧れであるわたしと初めて現場の仕事をするという、緊張感と躊躇いの表情が見てとれた。
「現場は4階の企画部の会議室だ。あそこのスタッフは野獣みたいなのが多いけど、わたしがついているから大丈夫。携帯のメルアドを訊かれてもシカトしてなさい」
「は、はい」


続く…




ナオミの夢/ヘドバとダビデ

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 18:20| Comment(0) | 匿名係長・三谷拓哉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。