海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年03月06日

過去との遭遇

story by 逢谷 人


もし過去の自分に逢えたら、

なにを話してみたいですか?



<前編>



新宿駅から内回りの山手線に乗り込んだ。
まだ夏の名残りが感じられる9月上旬の昼下がり、ヒンヤリと冷房を効かせた車内はそこそこ混んでいた。
若いころならば、間違いなく座るよりもつり革にぶら下がっている方を選んでいたろう。気がつけば、身体のほうが無条件に空席を探す歳になってしまっている。
衰えを自覚しながらようやく席にありつくと、オレは目を瞑ってシェルターを作り、周囲のあらゆる情報の侵入を遮断した。
居眠りの淵をゆらゆらと彷徨い、二駅ほど過ぎた頃だったろうか。
まるで飛行機がエアポケットに吸い込まれた時のように、電車がススーっと縦に沈みこむように大きく揺れた。
ほんの2〜3秒の出来事だったはずなのだが、それは永遠に続くようにも思える不思議な下降感だった。
座席から腰が浮きそうになり、堪らず目を開けると、他の乗客たちが今の揺れにうろたえている様子はない。
どうやらオレは、居眠りをして舟を漕いだ拍子に椅子からずり落ちそうになって目が醒めたらしい。
そう判断して、照れ隠しに両手で顔をぬぐってみる。
現実に焦点が合ってくるに従い、周囲の様子がさっきとどこか違っていることに徐々に気づき始めた。
その変化は、微妙なようでもあり、でも実はものすごく大きいようでもあり、起き抜けの中年男の頭を混乱させるには十分の落差を持っていた。
――違う!これは、さっき乗り込んだ車両じゃない!
思わず飛び出しそうになる声をやっとの事で飲み込み、逆に「落ち着け…理由はかならずあるはずだ」と自分に言い聞かせるように呟き周囲を観察する。
やがて襲ってくる、あまりにも強烈な既視感。
オレは遥か昔に「ここにいた」ことがある…!
乗客たちの穏やかな表情、車内に漂うかすかに醤油臭いような空気。
胸の奥をキュンとさせるようなそれらの要素に、オレは陶然となり変化の理由を考えることをしばし休止してしまったほどだった。
しばらくして頭上の雑誌の吊り広告に注目し、オレはやっと少しずつ現状の分析にとりかかっていた。
“田中角栄新内閣にもの申す”、“ニクソン大統領の新たな疑惑”
1972年9月12日号?なんで36年も前の広告が?
――ははあ。なるほど、そういうわけか…。乗り込む時に気づくべきだった。
オレは吊り広告の見出しのわざとらしさに注目し、この車両そのものが「新手の広告媒体」なのだと確信していた。
車両を一台全部借り切って単一商品の宣伝をするのはよくあること。
それどころか、ご丁寧に車両そのものも、わざわざ旧型を引っ張り出して使っているようだ。
天邪鬼なオレはその手にのるものかと、昭和40年代のレトロ感を演出する広告主がどんな会社なのか見破ってやろうと観察を続けた。
それにしても、乗客までも仕込んでいるとは。
肩が少し張ったデザインの背広を着たサラリーマンに、太い眉の化粧のOL。
明らかに今とは違うファッションの乗客たちを見て、オレは大昔の映画のワンシーンに一人だけ紛れ込んでしまったような不思議な気分に浸っていた。
――しかし、細かいディテールまでよく出来ているなあ。
たとえば、空席には目もくれずに音楽雑誌を夢中で読むオレの目の前に立つ若者。コイツは間違いなくエキストラだろう。
手にしているのは、どこで探してきたのかミュージック・ライフの1972年9月号。
表紙は若き日のミック・ジャガー、巻頭特集はストーンズ、マナサス、3ドッグ・ナイト取材記と書かれていた。

――古雑誌まで使って、タイム・スリップの演出かよ。
そう舌打ちしながらも、オレはこの号を遠い昔に読んだ記憶があり、懐かしさを隠し切れない。
青年の服装は、ピタっと身体に張り付くいかにもROPEという感じの花柄シャツに前ボタンのベルボトムのジーンズ、その裾はチロリアンテープで縁取りされ、靴は5センチも上げ底されたラバーソウルのスニーカーだった。
――ダサさも完璧。このキャンペーンのスタイリストは大したもんだ。
当時の風俗を知り尽くした広告屋の緻密な演出に拍手でも送ってやりたい気分になったオレが、雑誌で隠れた青年の顔を盗み見ようとすると、視線の圧力でも感じたのか、ヤツは雑誌を閉じ窓の外に目をやった。
「…!」
この瞬間の息が止まるような驚きは、どう説明したって解かってはもらえないだろう。
オレは時を越えて鏡をのぞきこんでしまったような感覚に、ただただ驚愕するばかりだったのだ。
だってヤツは、二十歳の時の“オレ自身”だったのだから。

ヤツは腰を屈めるようにして、驚くおれの肩越しに窓の外の秋景色を覗き込んだ。
それに連られるよう振り返り、オレは自分の置かれている状況が幻でないコトを再度確認した。
窓の外に見えたのは、ガーデンプレースではなく、なんと赤い煉瓦のエビスビールの工場だった。
そしてその煙突の上の真っ青な空は、昨日までの記憶の何倍も広く高かった。

オレは、マジで36年前の初秋にズルリとタイム・スリップしてしまっていたのだ。
こんな時、その理由や科学的根拠などを考えている余裕などはない。
交通事故が起きてしまった直後に、怪我人をそっちのけでその原因をとやかく考え続けるわけにいかないのと同じだ。
出来る事と言えば、目の前の出来事をひたすら現実としてスマートに受け止めることだけ。
オレは叫び出したい衝動を抑え、目の前の青年を冷静な振りをして観察し続けた。
ヤツの着ている物、ヒッピー風のブレスレットや指輪はもちろん、そのカールした長い髪の毛まで、それらが全て自分の持ち物だったことが次第に思い出され、驚きの次にオレの心を揺さぶったのは、胸が苦しくなるほどの懐かしさだった。
アゴが外れそうなほど口を開けたおっさんが、若者を穴が開くほど見ていたわけで、はたから見ればただの薹(とう)が立ったホモおやじの一目ぼれ。ずいぶん滑稽な図だったことだろう。
視線は痛いほど感じているはずだが、ヤツのほうは老け込んだ己の姿に気がつかないようだった。
無理もあるまい。20歳の若者が、頭の薄い老人斑が浮かびかけた目の前のオヤジを未来の自分だと想像すらできるわけもない。
睨まれる理由が判らないので、ひたすら居心地の悪さに耐えているというところか。
ここでオレの中にふつふつと湧き上がってきた、過去の自分との接触の要求。
しかし過去の事実に影響を与えてしまったら、自分の現在の存在さえ危ういと言うじゃないか。
SF小説でよく耳にした「タイム・パラドクス」という単語が頭に浮かび、オレのほうもこの状況にどう具体的に対処していいのか、まったく判らないでいた。
「ゴホン。あのお…、チャック開いてますけど」
なんと小声で先にアプローチしてきたのは、過去のオレの方だった。
「え?あ、どうもありがとう」
股間に手をやりながら37年前の自分にそう返事をすると、オレはもう気持ちを抑えることが出来なくなっていた。
「キミ、ロックが好きなの?」オレはヤツの抱えるミュージック・ライフを目線で示し訊ねた。
見知らぬおっさんからの唐突な問いかけに、「え?」と驚きながらもヤツは答えた。
「は、はい。大好きです」
ヤツはシャイだが、基本的に素直で性格のいい男なのだ。
それはオレが一番よく知っている。
「バンドでもやってるの?」
「はい」
「楽器は?」
「ギターを…少し」
これをきっかけにして、アメリカのシンガーソングライターを話題に、オレ達はギゴちない会話を続けていた。
オレは、ヤツが信奉するギタリストや一番最近に買ったLPを言い当て、あげくの果ては愛用のアコギの型番までピタリと言い当ててやった。
自分の趣味を全部知りつくしている相手に興味を持たない人間はいない。
田町駅に着くころには、ヤツがオレに親しみを覚えるようになったのは当然のことだった。
駅のホームでも、しばらく他愛のない立ち話が続いた。
「これから授業の予定はあるの?」
「友達にノートのコピーをさせてもらうだけですけど」
「待っているから、そのあとでもう少し話をしないか?」
「はい…」ヤツは、しばらく考えてから言った。「いっすよ」
ほとんどオレに警戒心を持たないヤツの対応は、こちらの方が逆に心配をしたくなるほどだった。


<後編>に続く…


posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:16| Comment(0) | 短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。