海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年02月24日

最後の22分

story by ワダ マサシ



あなたは人生の「最後の22分」を

いったい何をして過ごすだろうか。

これは、最期の瞬間を友人たちとオンガクを聴いて迎えた

平凡な人たちの物語…



<前編>

もしかしたら、今日起こったそれまでのすべての出来事は、天の啓示だったのかもしれない。

ほんの3時間前、オレは赤坂の蕎麦懐石で上司と日本酒を飲んでいた。
その時の話題といえば、会社への不満や業界の噂話など、サラリーマンにとっては呼吸や排泄と同レベルの他愛もないもの。
それが原因でバチが当たるほどの内容ではなかったと、記憶している。
いつものことながら、あっという間にルーティーンの会話に煮詰まった中年男二人は、小一時間ほどでもう仕上げのざる蕎麦にとりかかっていた。
「じゃ、帰るわ」
上司は蕎麦湯を一息で飲み干すや、勘定書をオレに押し付けて、何かに急き立てられるように、とっとと帰ってしまった。
いま考えれば、その時の身勝手とも言える上司の行動は、団塊世代特有の動物的な危機管理能力の賜物としか言いようがないのだが…。

「まだ8時前じゃねえか…ったく」
電源が入ったばかりの状態で赤坂の田町通りに一人残されたオレは、まだ十分に残った余力を持て余していた。
タイミングよく、同期の朋友がオレの携帯を鳴らした。
「もしも〜し。まさし、酒奢ってよ」フジイは、いつもの台詞でオレを誘った。
そう言えば、五十面下げたオレを苗字ではなく下の名前でストレートに呼ぶ人類は、両親を亡くした今、周辺にはもはやこの男一人だけ。
つまり、フジイは学生時代から続くベテラン友人群の、最後の生き残りということになるわけだ。
「ああ、いいよ」一もニも無く、オレは応えていた。


8時ピッタリに、オレ達は赤坂の路上で合流し、タクシーで恵比寿に飲みなおしに向かうコトになった。
「なんか、大変なコトになっちゃったみたいですねえ…」
運ちゃんのこの一言が、“第一報”だった。
「なんかあったの?」
「ニューヨークのビルが、真っ二つに折れちゃったんですって」
「なんだって?」
「今、ニュースで言ってましたよ」運ちゃんが、ラジオのツマミをいじり出した。「あれ、電波がよくないなあ…」
――ガー、ガガー…。
「もう、うるさいからラジオは消していいよ」オレは運ちゃんに言った。「で?詳しくおしえてよ。またテロでもあったの?」
「そうなんでしょうね。誰の仕業かはわからないけど、なんでも地下鉄駅が爆破されて、上に立ってたビルが倒壊ですって」
「とう(そう)かい」フジイが最悪の駄洒落をかました。
「うわあ。そらまた、派手だねえ」オレは友人をシカトし、少し混みだした246の車列を眺めながら言った。「9・11を思い出すなあ。あん時もニュースを知ったのは、タクシーの中だったっけ」
「思い出した!あのテロの晩も、マサシとタクシーに乗って…そんで、ええと…」友人の記憶も、曖昧ながら多少蘇ったようだ。
それからしばらくの間、車内を奇妙な沈黙が支配する。
「あ、そこの角で停めて」
気がつくと、オレ達は目的のロック・バーの入り口の前にいた。


8時25分。
恵比寿五差路、BARセイリング・シューズ。
ここは、タダみたいな値段でいい音楽を聴きながら酒が飲める、オレ達おっさん族の憩いの場。
店は携帯圏外の地下1階にあり、社会からの現実逃避にはうってつけだ。
階段を降りると、先客にカップルが二組。
一組はちょいとイカレた若い恋人達、もう一組はどう見ても上司とOL部下。
独特の不倫の匂いがプンプン漂っていた。
「ナミちゃん、ニューヨークでなにがあったの?」開口一番、オレは白髪のひげ面に訊ねた。
「いや?知らない…」マスターはクビを横に振った。「テレビつけようか?」
大きな液晶モニターにはキャロル・キングのライブが流れ、不倫カップルのオヤジがそれを見ながらお相手にウンチクを垂れている真っ最中だった。
「ううん…。悪いからいいよ」
オレは、押しも押されもしない摩擦回避世代の人間、せっかくの人の楽しみを奪うなんてコトを頼めるはずもない。
それからライブのDVDが終わるまで、オレは友人と人生を反芻するように、なぜか学生時代の想い出話に花を咲かせていた。
そんなコトが話題になったのも久しぶりだった。
大げさに言えばその判断こそが、この店の中の7名と世界の残りの人々との行動を決定的に分つ「分水嶺」だったのだ。
80分ほどかかってキャロル・キングのライブがやっと終わり、マスターがモニターをテレビ放送に切り替えた。
「国民の皆さん、どうか落ち着いてこの“みぞうゆう”の事態に対処してください」危機管理服姿の首相が、焦点の合わない目線で原稿を読んでいた。「われわれに残された時間は、あと長くても40分を残すのみです。ミサイルを迎撃する努力はしておりますが、結果は保証できるものではありません…」

「映画なの?」若いカップルのギャルが言った。「おやじの格好、ダサくない?」
首相のテレビ中継の周囲はL字画面になっていて、文字で現在の危機的状況を伝えている。
「着弾予想地点、東京、横浜、大阪、名古屋、福岡 残り38分…?」
「最後まで、日本国民としての誇りを忘れることなく行動することを強く望みます…」
「なに言ってんだコイツ?」若者カップルの男が言った。「ひょっとこ面しやがって」
ワイプで囲われた補助画面には、崩壊するニューヨークの摩天楼の画像が繰り返し流れている。
この期に及んでは、さすがにその場の全員が事態の深刻さを認めざるを得なくなっていた。
かいつまんで言うと、ニューヨークの核爆薬テロに端を発したクライシスが米軍の全面報復攻撃に繋がり、ボタンを掛け違えたまま留まることを知らずに、たった2時間足らずで、世界を巻き込んだ戦争へと発展してしまったということだった。
東京にいま向かっているのは、中国の核ミサイルと北朝鮮のテポドンらしい。
まず最初に不倫カップルのオヤジの方が、日本国民の誇りをエイヤっとかなぐり捨てる。
「助けてくれー!」男はいきなりカウンターを立ち上がると、連れの女性を残したままバタバタと表に飛び出していった。

――ゴ、ゴーゴー…。
男がBARのドアを開けた瞬間に、いままでここで聞いたことのない街の喧騒が響いた。
それは、子供の頃ゴジラ映画で聴いた憶えのあるような不気味なノイズ。
群衆が怒号を上げながら他人を跳ねのけ逃げまどう、阿鼻叫喚の修羅場の音だった。
「ごほん」マスターが、この場所の責任者として何をすべきかを考えているようだった。しかし、身体はまったく動かない。「さ、さてどうすっか…」
「ちょっと、表を見てくるわ」オレは人間の尊厳を失わない範囲で、十分に狼狽しながら表の様子を探りに階段を這って上がる。
足はもうとっくにガタガタと震え出し、実はほんの少しチビリそうになっていたのだ。


後編に続く…


posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:29| Comment(0) | 短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。