海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年02月19日

友人28号

story by 逢谷 人

ステージ1に、初の短編ライトノベル登場。
前編、後編に分けてアップいたします。




友人…。
とっても大切な空気のようなもの。
でも、恋人や家族よりはやっぱり位が下なのかなあ?

さて、あなたには何人の友人がいるだろう?
その友人はあなたのコトを友人だと思っているのだろうか?
一回シミジミと考えてみよう。




<前編>

まるで、竹薮の中の庵のようだ。
菅沢がまさかこんな穴倉のような店を知っているなんて。
男同士で酒を酌み交わすにはやや暗すぎてお洒落すぎてくすぐったい感じの居酒屋にオレを誘ったのには、きっと深いワケでもあるのだろう。
この手の店を居酒屋と言っていいのかどうかわからんが、値段的な視点で見れば確かにそう分類されるべき数字が並んだ筆文字の品書きが、通された席に置かれていた。
スポットライトの白熱光が、いかにもという風情でテーブルのど真ん中に丸い円を作っている。
「よくここに来るのか?」オレは、高校2年の2学期が終わって以来、丸4年間も会っていなかった旧友に訊ねた。
「え?ああ、まあな」菅沢は、キョロキョロと辺りを見回しながら言った。「とりあえずスワローぜ!色褪せない想い出話でもしようじゃないか…」
「すがちん、いま、若干挙動(キョド)ったろ?本当は初めてなんじゃねえの?」
「おいおい。ここのお薦めの“汲み上げ豆腐”は、おれの主食みたいなもんだぜ」菅沢は言った。「税込み、420円。メニューの左ページの上から三番目に書いてあるだろ」
「どれどれ。お、マジか!ふうん、常連さんてわけだ。学生のくせに、よくしょっちゅう外食できるな」オレはひがみ半分の尖った口になる。
「しかし、“みた〜に”!久しぶりだなあ」オレのセリフを無視して、菅沢は思い出したように感嘆の声をあげた。
その声を、シンプルに懐かしく感じる。オレの苗字“三谷”の“た”にアクセントを置いて、外来語のように発音するのは、世界中でこの男だけなのだ。
たしか、“パイレーツ・オブ・カリビアン”を二人で見に行った帰りに立ち寄ったマックで、感想を興奮して言い合って以来、なぜかヤツはオレをこう呼ぶようになった。
「いらっしゃいませ。飲み物を先に伺います」丈夫そうな体格のウエイトレスが、会話を中断させた。
「えっと、オレはとりあえず中ナマ」
「ウーロン・ハイ。濃い目で」
「かしこまりました」
「なんか今の娘、どこかであったような…」ウエイトレスの後ろ姿を目で追いながらオレは言った。「あっ、森三中だ!」
「森三中?三人の中の誰だよ?」菅沢が、オレのつまらない感想になぜか食らいついてきた。「あの可愛い娘か?左側の」
「バカ言うな!森三中に可愛いも可愛くないもあるか。デブ、大デブ、極大デブの区別だけだろ」
オレの圧倒的な正論に、菅沢はちょいとシラけた顔で沈黙する。
「アレ?お前、デブ専だっけ?」
「バカ、ちげ〜よ」
「あそ。じゃあ、すがちん、なんでオレをこんなお化け屋敷に突然呼び出したわけ?」オレはお構いなしで旧友に訊ねる。「4年ぶりだぜ」
「え?うん…」言いにくそうな菅沢。
「なんだよ?金ならねえよ。貧乏学生だし」オレは言った。「宗教もダメだ。ネズミ講も」
「ったく…。みた〜に、オレはただお前に会いたかっただけだ」菅沢は言った。
「なんか、キモイんですけど」
「なあ、みた〜に、そそっかしいってのは、美徳だと思わねえか?」菅沢は、おもむろに身を乗りだした。
「なに〜!?相変わらず、お前の質問は、なんて言うか、観念的って言うのか、不条理すぎて答えに窮するぞ!」
「悪りぃ、悪りぃ」菅沢は言った。「自分がのんびりしてるほうだから、オレはそそっかしいぐらい前のめりなタイプに魅かれるんだ」
「タイプ?つまり…オンナの話か?」
「そうそう。そそっかしくてせっかちな女の子は好きか?」
「オレは変態じゃねえから、特別にそんなモンに魅力を感じた事はないが…。まあ、あわてん坊さんが可愛いっていう奇特な男もいるんだろうな」
「オレが、正にそうなのさ」
「へえ…」オレはアゴがテーブルにぶつかるオソレを感じるほど、口をアングリ開けた。
「実は、オレの彼女がさ…」菅沢の目じりが下がり鼻の下が伸びる。
「なんだ、彼女だと?おめえ、オレをこんなとこに呼びつけて、ノロケ話聴かせようってか!?」
「まあ待て。あわてん坊さんが。可愛いのお。お前に、惚れてまうやろ」
「勘弁してくれ。静かにしてるから、話を聴かせてくれ」
「お待たせしました!イイチコのロック2丁、お持ちしました!」突然、森三中の小デブが飲み物をお盆に載せてやってきた。
「違うって。中ナマと濃い目のウーロンハイって言ったんだけど」オレは当然苦言を呈した。「一個もあってねえじゃん」
「あ…。失礼しゃしゃしゃした〜」

音速ライン 逢いたい
「ふう。話せ」
「高校2年の2学期が終わってさあ、オレ転校したじゃん」
「ああ、憶えているよ。逢瀬川の手前まで送っていった時、みずいろの町に解けていったお前の後ろ姿…」
「詩人かよ…」
「ゆるせ、冗談だ。ホントはお前、受験前だっつのに意味無く転校したって相当有名だったぜ」
「意味なくってなんだよ。家庭の都合だって」
「あそ。続けて」
「転校ってのも、初めての経験だった」菅沢は、遠くを見る目をした。「おめえは、あるんだっけ、転校?」
「ねえよ。で?」
「2年の3学期の始業式の日のコトだ。オレは転校生デビューを狙って、冬の空の下を学ランの胸をハダけて、家を出た。ナメられたら、たまんねえからな」
「ほほう。正月明けに再デビューで張り切るってのも珍しいな。紅白落選した演歌歌手みてえじゃねえか。んで?」
「そしたらさ、周りも見ずにいきなり飛び出してきたそそっかしいジョシがいてな。出会い頭にドンとぶつかって、お互いに尻餅をついたわけだ」
菅沢は身振り手振りを交え、その時の状況を説明する。
「ちょっと待て!転校した日に、通学路でジョシと出会い頭にぶつかっただぁ?まさかそのジョシ、口にトーストかなんかクワえて“モゴモゴ、遅刻、遅刻ぅ〜!!”とか言って走ってたんじゃねえだろな?」
「なんで知ってんの!?」
「バカ言え。そんでもって、そのジョシが新しい学校の教室でお前と再会して、“あ!あなたさっきの失礼な人!”とか言って、席まで隣だったりして!?」
「お前、見てたのか?オレのストーカー?」
「バカヤロ。本宮ひろ志の学園マンガじゃねえんだから、そんな事あるわけねえだろ!」
「いや、あったんだ。それがオレたちの出会いってわけさ」
「わけさ…じゃねえよ!ふざけやがって」
「お待たせしました!大ナマと薄めの大ウーロンハイ、お持ちしました!」
森三中がいきなり現れて、テーブルのスポットライトの中に、大ジョッキを二つ音を立てて置いた。
「あのさあ、中ナマと濃い目のウーロンハイなんだけ…ど」オレがそう言いかけたところで、森三中は、もう隣のテーブルに注文を取りに行っていた。
「ああ、メンドクせえ。もうなんでもいいや。乾杯しようぜ」
咽が渇いてたオレは、薄いウーロンハイをほとんど一気に飲み干してやっと一息ついた。
「ぷは!うめえ!」
「みた〜に〜、ハッピーそうないい表情してるぜ」菅沢が、嬉しそうにオレを見た。「今みたいに、湧き上がる上昇気流のような幸せを感じる瞬間て…たとえば他にどんな時よ?」
「またまた、脈絡のない不条理な質問を…」オレは、この男との会話のコツをやっと取り戻してきていた。「遠足の日の朝。校門の前にバスがずらっと並ぶじゃねえか。弁当の入ったリュックをしょってあの光景を見た瞬間、“生きていてよかった、ありがとう”って神様に感謝して涙ぐんだことがある」
「みた〜に!いいねえ、それから?」
「もっとかよ。えっとえっと…。暮れも押し迫った頃にさあ、ふとオフクロの化粧台の引き出しを開けたら“お年玉袋”が入ってたんだ。あれを見た瞬間も、幸せが泉のように湧いてきたなあ…!ホントにお年玉袋の柄ってのは、何でああまで美しいのだろう!あれは、幸せ袋って名前にしたほうがいいな」
「いいね、いいね、益々いいね!みた〜に〜。やっぱりお前は、クソガキの心をいつまでも失くさないいいヤツだ!」
菅沢は感極まった顔をして、オレのコブシに湿った手の平を載せた。


後編に続く…




音速ライン--お年玉
瑞々しい言葉と、ハードなサウンド。
ケレンミのない姿勢と、アザトイほどの人懐っこいメロディ。
一聴しただけではミスマッチかと思えるほどの、
危ういバランス感が、いつしかクセになる。
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 09:43| Comment(0) | 短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。