海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年02月08日

メロディーコーリング Monday

story by 田村充義

(1)Monday/I don't like Monday

あれっ何の曲が鳴ってるんだろう? って言うか、これ本当に麻耶ちゃんの携帯なのかなぁ、からかわれたのかなぁ。
「I don't like Monday」って聞こえるなぁ。確かブームタウンラッツの曲だよな。
今日は月曜日だから間違いじゃないけど、呼び出し音にそんな曲使わなくてもイイのに。こっちまで憂鬱になるよって思ってたら、
「もっしもーし、本当に掛けて来たんだ、エライ」
って麻耶ちゃんの声が答えた。
「昨日皆の前で赤外線送信させられたから、昼休み前に掛けろ掛けろって言われて、大変だったンスから」
「スからって、ヨッシー可愛い」
「ヨッシーってからかわないで下さい。それに何です、I dont'n likeMondayって」
「メロディーコールで初めて選んでみたんだけど、どう、ぴったりでしょう?面白いから、気分に合わせて毎日変えようと思って。昨日の夜、設定に1時間位掛ったんだから」
デパートの屋上から見上げる東京の空はこんなに気持ちがイイのに、何でヒステリックな声で月曜日が嫌いって電話口から歌われなくちゃならないんだよ。
そもそも昨日仕分け場に荷物を持って来た麻耶ちゃんが、僕に荷物渡しながら急に、
「これお願いします。って言うかあんた誰?」
って聞くから
「新しいバイトの吉田です」
って答えたら、いきなり携帯出して
「赤外線してよ、みんなに番号貰ってるから」
ってあっさり言われた。
「はい」
って疑う事も無く、携帯と携帯くっ付ける儀式を済ませたら、その場で僕の携帯に掛けて来て、
「明日お昼休みに鳴らしてみてね、じゃぁね、バイバイヨッシー」
ってあっという間に去って行ったんだ。
携帯見たら、麻耶って名前と電話番号とメールアドレスと誕生日まで一緒に送られて来ていた。
同じ時期にバイトで入った田中君に、外人の様に両手を少し上げて分からないのポーズをしてみせたら、同じポーズを返された。
他の先輩に聞いたら、彼女は子供服売り場の中村麻耶ちゃんで、一日に数回この地下の配送品仕分け場に荷物を運んでくるんだそうで、結構可愛いから子供服のいきもの係って言われてるんだって。
いきもの係ってバンドのボーカルの子に雰囲気が似てるから、暗号でいきもの係なんだって。
僕から見るとあまり似てるとは思わないけど、確かに小動物系な感じだ。
「初めて選んだ曲がブームタウンラッツって、随分とシブいですね」
「そのブームタウンラッツって何?」
「ボブゲルドフがリーダーだったバンドですよ、知らないで使ってるんですか」
「当たり前じゃない、今日の気分にピッタリだから使ってるだけ」
「昨日はあんなに元気だったじゃないですか」
「良い事があったからね」
「何っス、良い事って」
「教えない、明日また電話してくれたら話してあげる気分になってるかもしれないから、また電話してみて、じゃあね、バイバイヨッシー」
「あっ、あのー」
一歩的に電話切られた時って暫く呆然とするし、相手の声が少しディレィが掛かって残るよね、ヨッシー〜〜〜って。
て言うかヨッシーじゃないし、今日はもう電話するなって言われたし、I don't like Mondayって歌だけがその後も頭の中で鳴っていて、盛り上がらない気分のまま一日が終わって行った。
そんな1週間の始まりだったんだ。


Tuesdayに続く…


The Boomtown Rats. I Don't Like Mondays

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 00:55| Comment(0) | メロディーコーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。