海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2009年02月04日

1000億光年の彼方 <1>

story by 奥山六九

 photo by Elsie esq.

明大前10:04発の急行。いつもこの電車に乗る。
この時間になるとだいぶ混雑はやわらぐ。
まぁ座れるほどじゃないので、ドアの横、座席の端っこの手すりを背にするのがあたしのベスト・ポジションだ。この場所を取れないときはなんとなく落ち着かない。逆にすんなりそこに収まれるとその一日がツイているような気になる。
今日は……バッチリ確保できたぞ。

バッグからヘッドフォンでグルグル巻きにしたiPod nanoを取り出す。
渋谷まですぐだけど、とにかく電車の中で1曲は聴くんだ。何を聴くかはその朝の気分で決める。

レコード会社でバイトしてるんだけど、実は最近の音楽ってあんまり興味ない。
仕事上聴くことは聴くけど、なんかこうどれも同じような匂い、売れようってアクセクしているようなセコさ、と言うかね、そういうの感じて、ドキドキ、ワクワクしないんだよなー。
だから古いのばかり聴いてる。
ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリン、サンタナ。ジェームス・ブラウンとかオーティス・レディングも。
あたし、歳はまだ21なんで、生まれる前の音楽ばかり!
だから友達とも音楽の話は合わない。誰もビートルズくらいしか知らないし。
もちろん親の影響。お父さんがいっぱいCD持ってて。LPもけっこうある。友達はLPなんて見たことないかもしれないけど。
でもお父さんが特に私に聴かせようとしたわけじゃない。お父さんが聴いてるのを隣で聴いて、自然に好きになったし、小学校の高学年の頃からは自分で勝手に棚から引っ張り出しては聴いてた。

今日は、そうだなー、これ。
スティーヴィ・ワンダーの「Heaven Is 10 Zillion Light Years Away」。邦題は「1000億光年の彼方」。
ロマンチックなサウンドと優しく包み込むような歌い方がすごくいい。

だいたいタイトルがかっこいいよね。
「10 zillion」で「1000億」なら「zillion」は「100億」だけど、「billion」が「10億」だから単位として変だなって思って、辞書引いてみたら「zillion」はもう数えられないくらいすごく多い、無数のって意味で数の単位じゃないみたい。

下北沢に着いてドアが開き、閉まり、車内はちょっと窮屈になった。
曲は2コーラス目を終わり、大サビに差し掛かろうと……とその瞬間、左耳の音が消えた。

「え!?」
誰かの身体、もしくは持ち物に、ヘッドフォンのコードがひっかかって左耳のがはずれたんだ、と思い、あたしは左うしろを振り返った。
そしたら、見知らぬ若い男がそれを自分の左耳に入れようとしているじゃない。

「え!なんで?」
シャカシャカ音漏れがしていて、注意されるの?とも思ったけど、男は一瞬目を閉じ音に聴き入ったあと、にっこり微笑んで、
「ボクもこの曲大好きだよ」
と言った。

その笑顔ときたら、ほんとまったく屈託のない天真爛漫そのもので、あれこの人あたしの親戚かなんかだっけ?と記憶をたぐってみたくらい。

でも覚えがない。知らない人。
だったら何?この人。頭おかしいの?!

で、普通だったらそんな失礼極まりない男、許せない。頭にきてひっぱたいてるかもしれない……のに……、
そのあまりに無邪気な表情と、キラキラ光る瞳に、まずはあっけにとられ、
次いでなんだかとても暖かな気持ちになって、
気づいたら微笑み返していた。
ありえない!!

「これ、実は人種差別に対するプロテストソングなんだよね。
こんな美しい曲でそういうことを歌えるのっていいよね。」

彼の言葉にもあたしは素直に頷いて。

電車はすぐに渋谷に着いた。
「あ、それじゃ。どうもありがと」
彼はあたしにヘッドフォンを返すや否や、身をひるがえし、すべるようにホームへ飛び出した。あたしもすぐに降りたけどもうその後ろ姿は、たちまち人混みの中に紛れてしまった。






【奥山六九の最新記事】
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 02:23| Comment(0) | 奥山六九 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。