海洋冒険小説
「Missing 3〜中年南海漂流記〜


運命の悪戯か?神の罰ゲームか?
南海の不思議な孤島に流れ着いた
3人の普通のおじさん達。
彼らが無人島生活で取り戻す
都会暮らしで失くした何かとは?

心が旅をする冒険ファンタジー

不定期連載中!
気の遠くなるほどの中断を経て、ついに帰還!

連載第26話“帰還”更新!


STAGE1 Back Number
タイトルをクリックすると、その物語のトップにジャンプします。
お好きなコンテンツをお楽しみ下さい!


「MELODY CALLING」 by 田村充義
バイト先のデパートで知り合った年上の女の子。
ケイタイのメロディーコールで彼女が僕に送るメッセージの意味は?
そして切ない二人の恋の行方は?

「1000億光年の彼方」 by 奥山六九
いつも通勤の電車の同じドアの前で見かける彼。
ひょんなことで始まった二人の淡い恋と突然の別れとは?

「友人28号」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。この短編の主人公は三谷の長男。
友達とただの知り合いの境界線ていったいなんなんだ?
考えてみよう。あなたの友人は、あなたを友人とみとめているのだろうか?

「最後の22分」 by ワダマサシ
もしもこの世があと22分間で終わってしまうとしたら、あなたは残された時をどう使うだろうか?
これは最期の時を友人と音楽を聴いて迎えた人たちの物語。

「過去との遭遇」 by 逢谷人
山手線の車内で遭遇したのは“二十歳の時の自分自身”だった。
思わず“オレ”は過去に話しかけてしまうが、その時ヤツが気づかせてくれたこととは?

「ナオミの夢」 by 逢谷人
匿名係長・三谷拓哉シリーズ。ソンポに勤めるオレは空気の読めないオトコと言われている。
言いたいヤツには、言わせておけばいいさ。だってオレにはナオミがいるんだもん。

「学校教育」 by 奥山六九
文部科学省に勤務するわたしがおおせつかったのは、新しい“教育唱歌”をつくることだった。
短い期間にそんな慣れない大役を果たす事が出来るのだろうか?そして…

「ルームメイト」 by 角森隆浩
オレはシドと呼ばれたかっただけさ。
隣に住む運命の人ナンシーなら、おれのパンクな気持ちをわかってくれるはず。
ネグラを奪われたオレはナンシーの部屋を訪ねるが…。

「潮騒のカセット(洋楽編)」 by 逢谷 人
「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人
1985年夏−オレは彼女を誘い海岸まで車を飛ばした。
とっておきの音楽を詰め込んだ“潮騒のカセット”を用意して。

「赤いスイートピー」 by 逢谷 人



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてみんなに知らせてください。

2012年06月14日

ミッシング・スリー〜中年南海漂流記<26>

story by 逢谷 人



26.帰還

あなたは肉親や最愛の伴侶やペットの死を夢で擬似体験し、枕を濡らした経験があるだろうか?
夢の中の出来事であるにもかかわらず、「これが夢であってくれればいい」と願い続けた末に、自らのすすり泣く声に驚きはっとして目覚める。
恐ろしいほどリアルだった悲しみがただの幻に過ぎなかったと気づいた瞬間の安堵感は例えようもないほど大きく、失わずにすんだ大切な者たちへの深い愛情をあらためて思い知るのだ。
コンチキ2世号が海洋に聳え立つ黒雲に突っ込んだあと、オレはヘリコプターで体験した最初の突入の後と同じように確かに気を失っていた。
きっとこれは、パラレルワールド間を飛び越える際の神が用意した目隠しみたいなものなのだろう。
その間唯一憶えているのは、義父とその腕に抱えられた愛犬ネルソンが波間に消えていく姿と、在りし日の彼らとの思い出とを交互に頭に浮かべ、未練がましく泣き続けていたこと。
ただ呪文のように「これは夢だ!夢であってくれ!」と意識の奥でひたすら念じながら。
しかしその時間は拷問のように長く、例えて言うならば、この連載の呆れるような中断期間ぐらいは優にあるように感じられた。

夢幻の狭間をさまよい続け涙も枯れたころ、やっと我に還るのを許されたようだ。
どこかに置き忘れた己の身体の中に、魂がヒューっと吸い込まれるような摩訶不思議な感触。
同時に、再び生きているというリアルな感触を取り戻す。
ここはどこだ?仲間たちはどこだ?
目の前に玉手箱が置いてあって、それをあけたら老いぼれ爺に大変身という三流オチが待っているんじゃあるまいな。
そんなことを想像して娑婆の光の受け入れを躊躇う眼(まなこ)にカツを入れる。
――おお!
あにはからんや、薄く開けた瞼の隙間からボンヤリ垣間見えたのは、なんと“白いカモメが群れ翔ぶうらぶれた港”だった。
その日本的情緒溢れる光景に、心の奥から懐かしさがこみ上げる。
――娑婆だ!やれやれ助かった!…これはどこぞの漁師町にでも流れ着いたに違いない!
反射的に、なにやら固いのものの上に突っ伏したままの上半身を唸りながら引き起こそうと試みるが、どうにもこうにも身体が言うことをきかない。
これはつまり…運動神経よりも意識が先に目覚めてしまったと言う例のアレ、なんだっけ?そうそう、金縛り状態ってやつか?
経験上こんな時には、慌てずに五感が勢揃いするのをじっと待つしかない。
今すぐにでも己の、そして仲間たちの運命を知りたいくせに、「ここまで引っ張ったんだ結論を急いで何になる」と開き直り、思うに任せない瞳を閉じてやった。
――ん?なんだ?
瞼の裏の暗闇の中で、突如歌声が聴こえてきた。
天使のファルセットならまだしも、鼓膜はおろか三半規管にまでダメージを与えるような下卑た男の唸り節…まさか閻魔大王の呪い歌じゃあるまいな。
長い旅路の果てに大して上手くもない歌に迎えられるってのは、どんな悪事の報いなのか?
それにしても、これまで運命を共にしてきた仲間たち二人はどこに行った?!
――もう我慢できない!
オレは再び気合で瞳をこじ開ける。
すると、さっき見えていた群れ翔ぶ港のカモメ達は去り、今度は眼前に“荒波にもまれる漁船”が迫ってくるではないか。
「助けてくれ!またも嵐の海へ逆戻りかよ!」…と心で叫んだ刹那…「!?」
“沖には重い鉛雲 くるぞひと荒れ受けて立つ 命知らずのこの海じゃ 恋はよせよせ仇になる エンヤラヤーの我慢船…”
漁船の真下、砕ける波頭にかぶって見えた“おまじないのような文字列”の意味に気づくまでに、いったい何秒かかったことだろう。

ついに五感と娑婆の記憶の全てを取り戻したオレは、景色が低制作予算のイメージ映像で、文字列がド演歌の歌詞で、歌っているのが閻魔大王ではなく会社の元先輩の野々村さんで、ここが酸っぱい臭いの充満するいきつけの恵比寿のカラオケボックスで、いままで突っ伏していたのはパイプ足の安テーブルで、曲名が鳥羽一郎の「我慢船」であることに気づく。
てことは、ダンボは?フチフチは?
奥のソファーに腰掛け画面を惚(ほう)けた表情で見つめる二人を発見したオレは、歌い続ける野々村先輩を押しのけ、彼らの間に割り込んで座り直し、この場には全くそぐわない真剣な表情で訊ねた。「あ、あれは夢だったのか!?」
――オヤジゆずりのド根性 腹に納めて舵をとる エンヤラヤーの我慢船…――
野々村さんの上擦ったビブラートが邪魔をしたが、二人にオレの意図は伝わったようだ。
「いいや」同時に首を横に振った二人は異口同音に叫んだ。「夢なんかであるものか!」
「じゃあ、オレ達あそこから帰ってこれたんだな!」
「ああ、そうさ。これを見ろ」
そう言ってダンボはテーブルの陰に隠れていた己の下半身を指し示す。
「こ、腰蓑!!」
確かに“それ”を除けば娑婆にいたころのダンボと変わらぬ出で立ちではあったが、彼のアルマーニのデニムの上には、脱出の時に着用していた例のお手製の腰蓑が生乾きのまま巻きついていたのだ。
次の瞬間オレ達3人が、車座になって抱き合い、無事を喜びあったのは言うまでもない。
「我慢船」を歌いきった野々村さんはその光景を見て、自分の歌に感動したせいだと勘違いしていた。

それにしても、なぜ腰蓑だけが異次元を飛び越え現世にたどり着いたのか?
そして、われわれが漂着したのが、なぜ恵比寿のカラオケボックスだったのか?
帰ってきたのが、全ての出発点となった博多出張前日の夜だったのか?
そのあと歌うことは野々村さんに任せ、オレたちは一通りの謎解きをその場で試みた。
すぐにたどり着いた結論は、考えても「合理的な説明などつくはずもない」ということ。
島でお世話になった「宅配ボックス」の原理と同じだ。
でもそれが実際に起きてしまえば、数多(あまた)ある当たり前の事実の一つとして疑問など持たずに真っ直ぐに受け入れるしかない。
ニュートンが万有引力を発見するまで、リンゴの落下に疑問などもたなかった凡人のようにだ。
この漂流がわれわれに課された神の罰ゲームであると考える以外に、どんな納得が、どんな腑に落ち方が、あると言うのだ?
神業を科学的に論証しようなど、ミジンコが三匹集まってスカイツリーを設計して建造しようと試みるぐらい身の程知らずのことだとオレ達はとっくに知っていた。
つまり、野々村さんが出迎えるように歌っていた歌が「我慢船」であったことさえ、偉大な神の洒落た啓示に違いないのだ。
オレ達は、せめて島にいた1年弱が現実であったという確かな証をさらに探してみた。
鞄の中、ポケットの中、靴の中。
腰蓑以外の漂流の痕跡を探そうしてみたが、カラオケボックスの暗がりでは思うに任せなかい。
カラオケモニターは、次の曲「帰ってこいよ」のタイトルを映し出していた。
「そうだ!夢でないとしたら…。こ、こうしちゃいられない!」
オレは、太平洋の荒波の直中に残してきた義父と愛犬のことをハタと思い出し、早々に帰宅せねばならぬことに、ここでやっと気づいた。
いきなり血相を変えて出口に向かったオレを、野々村さんがしらけた顔で見たが、そんなことはお構いなしに振り返って言い放つ。
「オレ、家に帰らなくちゃ!」
訳を知る二人の仲間は、オレを後押しするようにウンウンと何度も頷いて送り出した。



冒険は続く…



私の友人の自然音録音家・ジョー奥田氏と写真家・高砂淳二氏とのコラボDVDより
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:36| Comment(0) | 海洋冒険小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。